Musubi: Curating unique Japan experiences for sophisticated travellers

INFORMATION

  • 海外VIPガイドという仕事

    AMANEMU

     

    コロナ禍で、日本各地から外国人旅行者の姿が消えた。

     

    私は、全国通訳案内士という語学の国家資格で、海外VIPゲストのガイドやアテンドを約15年間続けてきたが、今回のような光景は初めてだ。どこか、東日本大震災直後の静けさ、に似ているようにも感じる。

     

    私について少々追記するが、他のガイドの皆さまと異なる特徴は、日本政府観光局(JNTO)が観光立国を掲げ海外に進出していた当時、2004年から英国系旅行社で富裕層向けツアーをつくりはじめたことだ。

     

    その頃は、「インバウンド」という言葉も頻繁に使われていなかったし、築地市場場内の目玉である「マグロの競り」は早朝5時に出かけても十分見学することができた。今となっては、面影もない浜離宮庭園の隣地に、世界最大級の規模で存在した築地場内市場だ。

     

    今年は4月に、中東サウジアラビアからの王室関係者のガイド依頼が予約済みだったが、コロナ禍でその仕事はなくなった。ツアー自体がキャンセルされた。

     

    一方で、潤沢な時間が出来た。

     

    以前から始めたいと思っていた、茨城県のインバウンドツーリズムの掘り起こしとコンテンツの磨き上げに、本格的に腰を据えて着手出来るようになった。

     

    そもそも、通訳ガイドの私が「海外VIPの取り扱い説明書」* を書こうと思うに至った背景がある。2020年2月に実施した、茨城県古河市初の視察ツアー(FAMトリップ)がきっかけだ。

     

    FAMトリップは、茨城県国際観光課と茨城県観光物産協会の主導のもと、主に富裕層を顧客にもつ都内高級ホテルのコンシェルジュを対象に県内の魅力を体験いただき送客につなげる趣旨だった。

     

    招聘者は、レ・クレドールジャパンと日本コンシェルジュ協会に所属するチーフコンシェルジュの皆さまで、パレスホテル東京様、ザ・ペニンシュラ東京様、マンダリンオリエンタル東京様、ホテルニューオータニ様で、レ・クレドールジャパン会長もお声がけさせて頂いた。

     

    私の役割は、故郷である茨城県古河市の新たな滞在型観光コンテンツを掘り起こし、旅にストーリー性を持たせツーリズムを造成するお手伝いとツアー全体のオペレーション、マネージメント、そして通訳ガイドだった。

     

    ただ、ご存知の方も多いと思うが、茨城県は魅力のある都道府県ランキングで連続最下位。正直、このFAMトリップを実施しフィードバックを頂くまで、茨城コンテンツが、富裕層ゲストにもご満足いただける内容かは分からなかった。

     

    結果から申し上げると、今回の初FAMトリップは大成功に終わった。

     

    ご参加くださった皆さまの中に、オランダ人寿司シェフのご友人も含まれており、必然的に、FAMトリップは本番同様、英語でのガイドとなった。

     

    ご友人は、今回の日本滞在で最も素晴らしかった土地名として「古河」を何度も何度も連呼し覚えて帰ってくださったそうだ。

     

    では、このFAMトリップを大成功に導いた要因は何であったか?

     

    その最もたるは、いばらきの強みを活かした魅力的な滞在観光コンテンツの素晴らしさ、もさることながら、コンテンツとコンテンツを結び、海外VIP対応にも精通した通訳ガイドが、ホスピタリティと共にお客様をおもてなしし、持続的に同等の質のツアーを安心してご提供できる体制を有しているか、であった。

     

    おかげさまで、茨城県古河市のツアーは、今後、都内ファイブスターホテルの非公開プログラムとしてノミネートされるオファーを頂戴した。まさに快挙である。

     

    各ホテルのチーフコンシェルジュの皆さまは口々に、こう仰ってくださった。

    「増田さんのような方が、全国にいらっしゃったら良いのに・・・」

    その真意は、これから、ゆっくりと「海外VIPの取り扱い説明書」でご案内していきたい。

     

    海外VIPガイドという仕事は、24時間体制の究極のサービス業だ。ホスピタリティーを尊び、お客様ファーストでおもてなしをするツアー運営と語学のプロである。

     

    ただ、実際の仕事内容を知る者は少ない。理由は、海外VIPを担当するガイドは一部に偏る傾向があるからだ。まして、富裕層ツアー造成経験を持つ通訳案内士の現場の声は、稀であるし貴重なコンテンツ開発材料となり得る。

     

    海外VIPゲストについて、ホテル滞在中のコンシェルジュの皆さまのように、ツアー中のゲストの嗜好をよく知る海外VIP通訳案内士としての経験が、国や県、市町村、DMO等の観光コンテンツ造成のお役に立ち、また、通訳ガイドの皆さまやインバウンド業界に興味のある学生の皆さま、更には、PR、広告、旅行会社の皆さまのお役に立つことができれば大変嬉しく思う。

     

    *「海外VIPの取り扱い説明書」という読み物を書くことにしました。

    ご興味がありましたら、下記のリンクへ是非遊びに来てください。

    https://note.com/musubi_megumi

     

     

  • 「新常態(ニューノーマル)としての持続可能性」~ 観光の将来像 Sustainability as the New Normal – The Future of Tourism

     

     

     

    最近興味深く

    オンラインZOOM講座等で情報収集をしているのは、

    サステイナブルツーリズムです。

     

    An interesting topic that I’ve been gathering information about lately through online ZOOM courses and other resources is sustainable tourism.

     

     

    国連世界観光機関(UNWTO)が主導する

    “ワンプラネッ ト・サスティナブルツーリズム・プログラム”

    (One Planet Sustainable Tourism Programme)

    が案内されました。

    https://unwto-ap.org/wp-content/uploads/2020/06/final.pdf

     

     

    The United Nations World Tourism Organization (UNWTO) introduced the “One Planet Sustainable Tourism Programme”, an initiative of the UNWTO.

     

     

    原文は、こちらから

    Click here to read the original.

    https://webunwto.s3.eu-west-1.amazonaws.com/s3fs-public/2020-06/one-planet-vision-responsible-recovery-of-the-tourism-sector.pdf

     

     

    Musubiがある茨城県古河市は、

    揺らぐ事なく、魅力のない都道府県

    最下位47位の茨城県の西の端。

    県内の人々からも余り知られおらず、

    栃木県でしょ?

    埼玉県でしょ?

    と、まるでクイズ。(笑)

     

     

    The city of Koga, Ibaraki Prefecture, where Musubi is located, has never wavered and is at the western end of Ibaraki Prefecture, ranked 47th lowest in the prefecture for attractiveness.

    The city is not well known even to people in the prefecture. It’s in Tochigi? It’s in Saitama, right? And it’s like a quiz.

     

    確かに、東京駅や新宿駅からは60分で来ることが出来ても

    水戸県庁まで行くには、他県経由でないと行けないところ…

     

     

    It”s true that even if you can get there in 60 minutes from Tokyo Station or Shinjuku Station, you have to go via other prefectures to get to the Mito prefectural office…

     

     

    でも…

    もしかしたら、

    誰も知らない、この場所で

    FinlandのようなLifestyle自体が

    ツーリズムの魅力になって行く可能性が

    あるんじゃないか。

     

     

    However… Maybe there is a possibility that Lifestyle itself, like Finland, could become an attraction for tourism in this place, which no one knows about.

     

     

    そもそも

    普段の暮らしがSocial Distanceなわけで、

    インバウンドの「イ」の字もなかったところ。

     

     

    In the first place, our everyday life is “Social Distance”, where there was no such thing as an inbound tourism.

     

    でも、そこには、

    Slow Life

    があります。

     

    Yet, there is a “Slow Life”.

     

    Slow Life が日常の17代目農園さんや

    江戸時代から古河城主献上にするお酒を真心を込めて作ってきた酒造社さん

    他にも魅力的な方々が

    たくさん、います。

     

    In addition to the 17th generation of farmers for whom “Slow Life” is a daily routine, and the sake brewing company that has been wholeheartedly producing sake for the lord of Koga Castle since the Edo period, there are many other fascinating people in the area.

     

    サステイナブルツーリズム とは?

    フィンランドの事例のように

    お越しいただくゲストのみなさまにも

    予めご提供できること

    出来ないことを知って頂き

    共鳴頂けたら

     日常の暮らしの中へお招きする。

     

     

    What is sustainable tourism?

    As in the case of Finland, we would like to invite our guests to join us in our daily life if we can offer them what we can’t offer them in advance.

     

     

    また、サステイナブルツーリズム とは?

    万能なのが「サステナブルな食」の提供です。

     

    フード・マイレージ (food mileage) という言葉を聞いたことがあるでしょうか。食料の産地から消費される場所までの移動距離と輸入量を掛け合わせた「食料輸送距離」と訳される数字で、食料輸送による環境負荷を意識するためのものです。遠くから多くの食料が運ばれれば、輸送によって排出される二酸化炭素排出や窒素酸化物が多くなり、環境負荷が大きくなります。近くで採れたものを食卓に並べるだけで、地球に優しい行動なのです。

     

    2020127日、パリで行われた『ミシュランガイド フランス 2020』のサステイナブル部門でシンボルの緑色のクリーバーを受賞した、フランスパリとイタリア国境付近のレストランは、飲食業のサステナブルを次のように表現しています。

     

    「季節にあった献立をつくり、小規模経営の事業者や職人と協力して環境に優しい取り組み」

    環境に配慮した自家農園で育った野菜にもぎたての果物、地元で養殖された魚を味わうことができる」

     

    And what is sustainable tourism?

    The all-important thing to do is to provide “sustainable food”.

    Have you ever heard of food mileage? Food mileage is the distance food travels from the place of origin to the place of consumption multiplied by the amount of food imported. The more food that is transported from a distance, the greater the carbon dioxide emissions and nitrogen oxides that result from the transport, and the greater the environmental impact. Simply putting food from nearby on the table is a good way to help the planet.

    A restaurant in Paris, France, and near the Italian border, which won the symbolic green clover in the sustainable category of the Michelin Guide France 2020 in Paris on January 27, 2020, describes sustainability in the food and beverage industry as follows.

    Creating seasonal menus and working with small-scale businesses and artisans to be environmentally friendly.

    You can taste vegetables, rice and herbs grown on our own environmentally friendly farm, arranged into an original course menu by a top chef at the farm.

     

     

    そんな、サービスを

    ご提供する側と受ける側が

    相互に尊重し合う関係が

    三密を避け、

    ひいては、オーバーツーリズムを前もって回避し

    ゲストはもちろんのこと

    旅に携わるすべての人が

    笑顔になる。

    多分、地球も!

     

     

    Such a mutually respectful relationship between the service provider and the recipient avoids trichotomies, which in turn avoids over-tourism and brings a smile to the guests and everyone else involved in the tour. Maybe even the planet!

     

     

    そんな試みが、

    ここ茨城県から発信できるのではないか?

    既存のインバウンドツーリズムが

    無いに等しかったからこそ

    今ここから

    始められる可能性がある

    のかもしれない。

     

     

    I believe that such an experiment can be transmitted from Ibaraki Prefecture. There was virtually no existing inbound tourism, so perhaps there is a possibility to start here and now.

     

     

    しかも、テレワークで経験した

    自宅での仕事暮らしスタイルで

    地方での一戸建て畑付き暮らしなど、

    興味のある方も出てくるのではないかしら?

     

     

    テレワークで、子どもとの時間が尊いことを

    改めて気がつく事ができた。

     

     

    Moreover, I wonder if some people might be interested in living in a rural area with a detached farm with a home work life style that they experienced in telework?

     

    茨城県へのプチ移住やSlow Lifeが

    旅づくりの延長上に、

    ご興味がある方のために

    発信出来たら嬉しい。

     

    Through telework, I was able to realize once again how precious time with children is.

     

    そう考えたら

    なんだか、とっても

    ワクワクする。

     

     

    I feel very excited when I think about it.

     

     

     

     

    増田 恵美

    全国通訳案内士

    Musubi Ltd. 代表

     

    Megumi Masuda

    Professional Guide

    Founder of Musubi Ltd.

     

  • We welcomed Les Clefs d’Or Japan – Ibaraki Koga FAM trip

    This is official key news from Les Clefs d’Or Japan.

     

    Sumiyoshi-san, a president of Les Clefs d’Or Japan kindly sent me their Key News about Ibaraki Koga FAM trip. We had great feedback from everyone on the tour.

     

    Especially on the 27th of March, chief concierge of The Peninsula Tokyo and I had a meeting about nominating Koga tour on their private program.

     

    How could I guess Koga can be nominated as a program for The Peninsula Tokyo?  As all we know, Ibaraki is a prefecture known as the most unattractive destination to go, but we have been chosen.

     

    Why?

     

    To this question might have answers how we could promote the destination outside “Golden route” and create new inbound tourism.

     

    Personally, I was more than happy to take my lovely guests to my hometown where I was born. It just feels so good to talk about my city and take them around. I never thought that I could have an opportunity being a professional guide as well as a travel agency to organize and operate the tour of Koga, Ibraki. I thank for everyone who created this tour and being involved for planning, organizing and participating together. The suppliers are very good friends of mine who always thought about their hometown and Ibaraki with love and appreciation. We all hope our guests could sense the feeling being part of us.

     

     

    Thank you so much for your special attention and time to read all this.

    Please do take care of yourselves and stay safe at wherever you are now.

     

    With very best wishes,

    Megumi Masuda

    Founder of Musubi Ltd.

     

  • Ibaraki Koga FAM trip

    My dream came true on the happy Valentine’s Day 2020.

     

    I have been a professional licensed tour escort and guide for more than 15 years but never been taking guests to my hometown, called Koga city in Ibaraki.

     

    No one really knows about this city. Even people from the same prefecture sometime wonder Koga is located in Tochigi? or Saitama? Indeed, with the local transportation like train, we never get to our capital city, Mito, without taking route on the local line in other prefectures.

     

    However, this Koga has been chosen as a city of Ibaraki FAM trip in last February by local authority, Ibaraki international tourism office.

     

    Perhaps, people might think, why???

     

    That is a good question to start when it comes to plan a new tour for inbound tourism which supposed to be very interesting, attractive and eye-catching, but always important to have passion and love for their own city from their own people together.

     

    This is what I have learned as being a full time staff of an inbound travel agency as well as a frontline, being a professional guide.

     

    I have been dreaming of welcoming chief concierges from five star luxury hotels from Tokyo. And it became true. The guests for the Koga FAM trip were members of Les Clefs d’Or Japan, including the president herself.

     

    The reason why having the concierge to be the guests is important is because I know that they are the professionals who understand the best hospitality and services. They sense what guests truly want to see, do and experience. They are also frontlines like guides.

     

    If we can make a tour that all the chief concierges would feel very happy, it might mean that we can be very sure that the level and quality of hospitality and services are good, and that tour could offer their guests enjoyable holidays.

     

    I would like to write more about this FAM trip, perhaps on the next blog.

     

    Thank you so much for your special attention and time to read all this.

    Please do take care of yourselves and stay safe at wherever you are now.

     

    With very best wishes,

    Megumi Masuda

    Founder of Musubi Ltd.

     

  • COVID-19 感染防止のための対応について

    Garden Blessings

     

     

    新型コロナウイルス感染症により、

    お亡くなりになった皆さまに

    謹んでお悔やみを申し上げますとともに、

    罹患された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

    また、世界各地で治療や感染予防にご尽力いただいている方々に、

    心からの感謝と敬意を表します。

     

     

     

    私に出来ることは限られておりますが、

    みなさまのご健康とご身体の安全をお祈り致しております。

     

     

     

    当社は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

    新型インフルエンザ等対策特別措置法による緊急事態宣言に基づき

    「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」に対する

    感染防止と安全確保を最優先に、対応を実施してまいります。

     

     

     

    緊急事態宣言発出後より営業を一時休止させていただいております。

    営業一時休止期間 2020年4月18日(土)〜5月6日(水)

     

     

     

    We extend our deepest sympathies to those who passed because of COVID-19.

    We also would like to send our great appreciation for those who work as frontline

    to save others at health and medical center,

    and to work for others at social services, local markets and more.

     

     

     

    What I can do is limited, but I sent 555 times of

    Arigatou ” Thank you” and Aishiteru “I love you”

    for everyone on the earth and for the earth herself,

    hoping that all virus and fears change their shape to love and light.

     

     

     

    As we are all asked to stay home,

    we close our office during the following period.

    18th April ~ 6th May

     

     

     

    Should you please contact us to the following email address, if you have any queries.

    info@musubi-travel.jp

     

    We all hope the world become a better place and

    will see you again together with good health and big smiles.

     

     

     

     

    愛と感謝とともに

    増田 恵美

    株式会社Musubi 代表

     

    With very best wishes,

    Megumi Masuda

    Founder of Musubi Ltd.

  • MUSUBI ホームページオープン致しました。

    株式会社 MUSUBIのホームページがオープン致しました。

     

    私たちは、美しさに気づく旅づくりで、
    人と人、人と土地、世界と日本のご縁を笑顔でむすび、
    旅行者も、旅に携わる造り手にとっても、 喜びと感謝を分かち合う機会を創ってまいります。

     

    詳しくは「Ibaraki Inbound Tourism」をご覧下さい。

  • Want to let your interests guide you? Then why not check out our tours arranged by theme? Gastronomy, wellness, history, nature, adventure, or contact us for tailor-made options.

  • Have some spare time, and want to make the most of it? Whether it’s a one-day activity or a multi-day tour through some of the nation’s most fascinating cultural landmarks and offerings, we’ve got you covered. Food, spirituality, history and adventure, it’s all here.

お問い合せ FaceBook Instagram