Musubi: Curating unique Japan experiences for sophisticated travellers

Tour d'Elégance Japon

Tour d'Elégance Japon
Classic car & Prestige car tours

The Samurai Challengeとは

「The Samurai Challenge」は世界13カ国から約120名の参加者がご所有の愛車50台のクラシックカーを海外から輸送し、日本を九州から北海道の33都道府県を桜前線に沿って縦断した24日間の長期ツーリングでした。主催者は、英国ラリーラウンド社で、世界中で1から4週間のドライビングアドベンチャーを年に3本〜4本提供して来ました。The Samurai Challengeは日本で初めてラリーラウンド社が主催し、英国大使館とThe British Chamber of Commerce in Japanからの後援を得て実施した訪日クラシックカーツーリズムでした。

世界基準のクラシックカーツーリズム

世界基準のクラシックカーツーリズムは、世界各国で開催されておりますが、その特徴は競技式のものからツーリングまで様々です。ラリーラウンド社が企画運営する旅の特徴は、参加者同士の交流と地域文化体験を大切にするツーリングでスタイルが異なります。競技式ラリーは長距離を走る事に重きを置くスタイルが多く助手席で地図を読む役目であるコ・ドライバーの妻達は訪問地を訪れても自由に旅を満喫できないスタイルに不満を漏らしていたそうです。その不満を解消したのが、ラリーラウンド社代表のLiz Wenman氏でした。各国の訪問地では、文化体験や地域の人々との交流を楽しみつつ、まだ見ぬ世界を愛車で冒険するゆっくりと洗練された新しい旅のスタイルをつくりました。

参加者と参加費用

参加者は、各界企業最高責任者、名車デザイナー、プロゴルファーや芸能人等のセレブリティ、世界最高基準のクラシックカーラリー参加経験者で、本物や本質を見極める高い洞察力をもつ洗練されたワールドトラベラーでした。

参加費用は、4月12日〜5月5日(24日間)1台2名参加につき26500ポンド(約金400万円、1ポンド=150円で計算)で、1泊3食付き、ラリープレート、地図、Rally Round社メカニック、医師サポート、フォトグラファー、動画撮影チーム、メダルと記念品が含まれます。料金に含まれないものは、国際線、国内線のフライト、愛車の国際輸送費、愛車と参加者の保険、行程に記載のない食事、燃料代、高速代金等でした。

ラリーラウンド社代表Liz Wenman氏は参加者の皆さまを次のように表現しています。
l Discerning Travelers
l Sophisticated Tourists
l Insightful Global Travelers
classic car

Samurai Challengeが出来上がるまで

ツーリングには道があります。33都道府県を結んだ道をデザインしたのは、ラリーラウンド社専属のイギリス人Rushforth氏とBayliss氏でした。お二人は、世界的に有名な各国ラリーの入賞や運営経験者で、1年前に日本を2度下見し、GPSを駆使して道を探索し、訪問地と滞在地の間を結び選定しました。入賞や運営経験者がデザインした道からは、同じ日本とは思えない「まだ見ぬ日本の美しさ」が表現されていました。そのルートには、世界各国を旅して来たワールドトラベラー達も満足するドライビングルートと景観が用意されました。

コースデザイナーのお二人のご紹介

Mr Peter Rushforth
(ピーター・ラッシュフォース)
Route Designer & Clerk of the Course(ルートデザイナー&コース統括)

半世紀以上にわたり通算80人以上のパートナーとのラリーの経験を誇り、数々の大会で上位入賞。The Rallye Monte-Carlo Historique(2位)、The Firestone Rally(5位)、The Winter Trial(2002年3位)など。参加のみならず、多数の大会での役員として多岐にわたりあらゆる役割を務め、コース統括(もしくは副統括)としては50以上のイベントで活躍。2016年5月に来日してSamurai Challenge第一回のルート選定視察を行い、ルートデザインの面からツアー主催陣を支えた。

Mr John Bayliss (ジョン・ベイリス)
Deputy Clerk of the Course
(コース副統括)

1992年にクラシックカーMGAとAustin Healeyを購入以来、世界各国で短・長期間の数々のラリーに出場し、イギリス・ヨーロッパでのラリー中7日以内のものに限っても出場は80を数える。北京パリラリー優勝者。キャリアを引退後はラリー運営役員としても活動の場を広げており、Peter Rushforthとは長年の付き合いがある。Samurai Challengeのルートデザインにおいては二度の視察のため来日し、車・コンピュータ・GPSなどの豊富な知識を駆使してPeterを支える不可欠な存在となった。
classic car

行程のご紹介

  • Day1  ご到着とウェルカムデイナー
    Day2  受付とオリエンテーション
    Day3  福岡→阿蘇
    Day4  阿蘇→小倉 熊本地震桜寄付
    Day5  小倉→広島、宮島
    Day6  広島→松江
    Day7  松江→宮津
    Day8  宮津→京都
    Day9  京都
    Day10 京都→奈良
    Day11 奈良→高野山
    Day12 高野山→琵琶湖
  • Day13 琵琶湖→木曽妻籠
    Day14 木曽→静岡
    Day15 静岡→東京
    Day16 東京
    Day17 東京→日光
    Day18 日光→新潟
    Day19 新潟→佐渡
    Day20 佐渡
    Day21 佐渡→山形
    Day22 山形→青森
    Day23 青森→函館
    Day24 函館→洞爺湖
行程のご紹介

The Samurai Challengeがつくりあげたもの

日本をクラシックカーで縦断する旅は壮大で、まだ見ぬ美しい日本に出会い、歓迎され、感動し、そのご縁に感謝の気持ちが止まない経験と機会となりました。そこには、美しい自然、満開の桜と景色のみならず、地域を愛する人々、その方達との交流、祭りやセレモニー、伝統文化、武道、工芸、美術、食など、地域の独自性と特色が最大限堪能できる機会と経験がありました。

参加者自身が得たものは、新しく・多様な価値観に触れ、自身の内面が変わっていくような経験であり、その恩恵は、参加者自身に止まりませんでした。準備や運営に携わってくださった全国の皆さまにとっても、同様の忘れられない機会と経験となりました。事実、沢山のコメントと再訪を望む感謝文を多数頂戴しております。
新潟で晩餐会前の書道交流に参加した生徒さんからのレター
新潟で晩餐会前の書道交流に参加した生徒さんからのレター
また、ラリーラウンド社代表のリズ・ウェンマン氏は、感謝状で、次の様に表現しています。

“I am writing this letter to you personally with heartfelt thanks for all your efforts to ensure that the classic car rally, the Samurai Challenge 2017 was a resounding success. The participants who came from 13 different countries have told us that it was a spectacular rally and that they enjoyed it immensely. This was a very special rally and one that was being watched by the classic car community around the world. “

“クラシックカーラリー「Samurai Challenge 2017」が大成功を収めることができたのは、皆様のご尽力の賜物であり、心より感謝の気持ちを込めて、個人的にこの手紙を書いています。13カ国から集まった参加者からは、壮大なラリーであり、非常に楽しかったとのお声をいただいております。「Samurai Challenge2017」は非常に特別なラリーであり、世界中のクラシックカーコミュニティが注目しているラリーでした。”
感謝状

The Samurai Challengeと 増田恵美

増田恵美は企画運営実施責任者として、クラシックカー界の大御所である岡田邦雄氏と共に日本縦断をサポートしました。

|増田恵美
企画運営実施責任者、全国通訳案内士
増田は、岡田氏と連携し、県警本部、市警への対応と準備を済ませ、宿泊、文化体験イベント、アクティビティ、ランチ、オプショナルツアー、晩餐会等の行程の全てを掌握。24日間のツアー企画、手配、運営、実施の統括、および突発的な現場での調整対応、全国通訳案内士としてフリータイムの京都ツアーガイド業務にも従事。

|岡田邦雄
顧問、メカニック運営責任者
岡田邦雄氏は、海外ラリー出場経験を持つ国内ラリー企画主催者である。企画準備中は、クラシックカーツーリングの顧問として、ツアーでは、岡田邦雄氏を筆頭に全国のガレージを結び故障車両のケアをしつつ前へ進めて行く連携チームが形成され安全に最後までツアーを完走支援。

そして、増田は、2回目のオファーを直接受けたことをきっかけに、2018年、旅行会社Musubi兼ガイドで独立しました。

The Samurai Challenge
新たな次のステージへ

コロナ感染症が世界を変え、予定していたThe Samurai Challenge 第2回目の企画実施が不可能となりました。一方で、増田は、ラリーラウンド社の創業理念とThe Samurai Challengeで制作したルートマップを受け継ぎ、新たな訪問地域の魅力的資源を再発見し日本を結ぶプロジェクト、ツールドエレガンスジャポンを企画しております。企画運営と実施には、第1回目のThe Samurai Challengeに帯同した、日本ではたった2名の運営責任者経験のある増田と岡田邦雄氏に加え、イギリスから世界基準目線としてリズ・ウェンマン氏にも有識者および監修者として加わって頂くことになりました。The Samurai Challengeの地図以外に新しく訪問する地域のルートデザインは、海外ラリーの見識と参加経験を持つ岡田氏によって制作します。

特に、地方に行けば行くほど、誘客が難しいテーマの一つである「交通」手段と導線をあえて、最も楽しめるエンターテイメントに置き換えて、地域の自然や景観、人々との交流を楽しめるルートが選定できることが最大の魅力だと考えます。

そして、本来であれば、The Samurai Challengeの2回目開催からは、日本人参加者も募る予定でした。しかしながら、日本人の平均宿泊数の割合が1泊2日、2泊3日が8割を占めるため、短期間でも楽しめるショートコースを全国で作り上げ、それらを繋げた日本周遊コースを造成し、短期・長期のどちらも楽しめるツーリングの実施を将来の目標とし、そのキックオフとして、東京出発の1泊2日「ツールドエレガンスジャポン」を企画しております。

Rally Round Limited 社 概要
イギリスのWenman夫妻により2011年設立、クラシックカー専門のドライブツアーを世界各地で主催して来た(下記表参照)。顧客はイギリス・ヨーロッパ・アメリカ等を中心とする各国から、自ら所有するクラシックカーで二人一組がペアとなりドライブツアーに参加する(多くはご夫婦で参加)。厳しい運転スケジュールをこなすことではなく、訪れる地の観光や参加者同士の交流に重点を置き、参加者全員(特に助手席の女性陣も)が楽しめるようにすることを創業理念とする点で、他のラリーと一線を画している。競争に重きを置かず、法定速度内での安全運転を前提にゆとりのあるスケジュールを組んでおり、主にこれまでのツアーに参加して親交を深めた顧客の多くがリピーターとして2017年春の日本のツアーにも参加した。

ツアー実績

名称 日程 開催国
The Tiger Rally 2012年11月16日
~12月8日
マレーシア~タイ~ラオス~カンボジア
The Great South American Challenge 2013年2月14日
~3月24日
ブラジル~ボリビア~ペルー~チリ~アルゼンチン
The 1st Paris-Madrid Rally 2013年5月23日~26日 フランス~スペイン
The Road to Mandalay 2014年1月19日
~2月8日
ミャンマー
The 2nd Paris-Madrid Rally 2014年5月22日~25日 フランス~スペイン
The Thunder Dragon Rally 2015年11月1日~24日 ブータン
The Paris-Vienna Rally 2016年6月13日~18日 フランス~ドイツ~オーストリア
The Haka Classic Rally 2016年10月30日
~11月25日
ニュージーランド
The Samurai Challenge 2017年4月12日
~5月5日
日本
The Paris-Prague Rally 2017年6月11日~17日 フランス~ドイツ~スイス~イタリア~オーストリア~チェコ
Odyssey Italia 2017年9月10日~24日 イタリア
The Paris-Amsterdam Rally 2018年6月10日~17日 フランス~ドイツ~ベルギー~オランダ
Rally Round Africa 2018年9月17日
~10月12日
タンザニア~マラウイ~ザンビア~ボツワナ~スワジランド~南アフリカ
  • ■The Tiger Rally/2012年11月16日~12月8日(マレーシア~タイ~ラオス~カンボジア)
  • ■ The Great South American Challenge/2013年2月14日~3月24日(ブラジル~ボリビア~ペルー ~チリ~アルゼンチン)
  • ■The 1st Paris-Madrid Rally/2013年5月23日~26日(フランス~スペイン)
  • ■The Road to Mandalay/2014年1月19日~2月8日(ミャンマー)
  • ■The 2nd Paris-Madrid Rally/2014年5月22日~25日(フランス~スペイン)
  • ■The Thunder Dragon Rally/2015年11月1日~24日(ブータン)
  • ■The Paris-Vienna Rally/2016年6月13日~18日(フランス~ドイツ~オーストリア)
  • ■The Haka Classic Rally/2016年10月30日~11月25日(ニュージーランド)
  • ■The Samurai Challenge/2017年4月12日~5月5日(日本)
  • ■The Paris-Prague Rally/2017年6月11日~17日(フランス~ドイツ~スイス~イタリア~オーストリア~チェコ)
  • ■Odyssey Italia/2017年9月10日~24日(イタリア)
  • ■The Paris-Amsterdam Rally/2018年6月10日~17日(フランス~ドイツ~ベルギー~オランダ)
  • ■Rally Round Africa/2018年9月17日~10月12日(タンザニア~マラウイ~ザンビア~ボツワナ~スワジランド~南アフリカ)

Mrs Liz (Elizabeth) Wenman
(リズ・ウェンマン)
Rally Round社 Company Director(カンパニー・ダイレクター)

生化学研究を学んだ後、各種イベント運営会社を経営。ウェディング、アート展覧会、音楽祭、花火大会等、150を超えるイベントを運営のかたわら、夫David Wenmanと共通の趣味であるクラシックカーのラリーイベントに長年にわたって参加。イギリス王立地理学会の会員として、研究機関・政府によるアフリカやアジアへの探査に写真家として同行の活動歴がある。これらの経験を生かし、Rally Round社を設立。顧客サービスの高さ、ゆとりのあるラリー日程から生まれる参加者同士の交流と観光に重点を置いた、クラシックカーツアーを主催している。Samurai Challengeツアーの視察のため2016年10月に来日、九州から東北までを自ら運転して縦断し、準備を進めた。

岡田邦雄氏からの推薦文

私は、これまでにイタリアのミッレミリアMille Migliaやタルガ・フローリオTarga Florioなどのヒストリックカーラリーに何度か走ってきたが、イギリスのクラシックカーイベントには2000年のグッドウッドGoodwoodのFestival of Speed に招待されて、チシタリアCISITALIA 202 CMM Aerodynamica で参加しただけだ。しかしモータースポーツの発展の地であるイギリスに対して、かねてから尊敬の念があり、VSCCのレースやPrescottoのヒルクライムにも何度か訪れて、日本の自動車雑誌にそれについての記事を書いてきた。
実は自動車に関しても、日本はイギリスとの因縁が深い。日本の自動車の法律はイギリスをお手本にしたので、右ハンドルで左側通行である。世界で最初にできたレース場であるBrooklandsが1907年に完成した時に開催されたレースでは日本人が2位になった歴史的事実もある。
サムライ・チャレンジという日本を縦断するヒストリックカー・ラリーを手伝って欲しい、と、私が推薦されたのは、私が海外でのヒストリックカー・イベントに参加し、また、日本では25年以上にわたって、ヒストリックカー・ラリーを主催してきた経験が買われたからだろうが、それにしても、このサムライチャレンジという冒険には驚いた。日本において、日本人の誰もが考えもしなかった企画だ。冒険家を輩出してきたイギリス人ならではの企画だと思った。リズからは、1878年に日本を単身で紀行した女性冒険家のイザベラ・バードIsabella Birdの面影を感じたものだ。
classic car
2017年に予定どうりに開催が実現して、私は同行して手伝ったが、イギリスから来た経験豊富なスタッフの実力にあらためて感心した。トップのリズを始めとして少数精鋭のスタッフの力を結集して、日々起こるどんな問題にも即座に解決しながら、順調に進んでいった。そこでいちばんの要となったのが、恵美さんだった。彼女のコミュニケーション能力と、各地で先行して受け入れ態勢を用意していき、また様々な後始末もしていく能力がなかったら成立しなかったイベントだ。参加者が、毎日、フィニッシュした後に満足した笑顔を浮かべたのは、ラリーランドのスタッフのパーフェクトな運営によるものだったが、ディナーで寛いだ表情を浮かべていたのは、恵美のパーフェクトなもてなしによるものだった、ということが間近にいた私には、よくわかった。
 恵美がこれまでの経験を生かした新しい仕事をはじめるのなら、私は微力ながら、彼女のために協力しようと思う。それは、彼女の仕事の結果である、お客様の笑顔を私も共有したいからだ。
ちなみに、1907年に完成した世界で最初のサーキット、ブルックランズで開催されたレースで、2位となった日本人というのは、ケンブリッジに留学中だった大倉喜七郎。大倉財閥の2代目にしてオークラなどの創業者、のちに男爵となった。
classic car

専門家プロフィール

岡田邦雄(おかだくにお)
1991年ごろより、コッパディ小海、コッパディ京都、コッパディ東京などのヒストリックカー・ラリーの企画/運営に携わる。ミッレミリア、ジーロ・ディ・シチリア、グランプレミオ・ヌヴォラーリ、ブガッティ・ラリー、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードなど、ヨーロッパのヒストリックカー・ラリーやヒルクライムのイベントに多数参加し、また日本からの参加者のサポートもしている。名古屋のアウトガレリア・ルーチェの顧問として、創立以来すべての企画/運営に携わる他、自動車に関わるさまざまな文化事業の企画・監修も行う。書物だけでなく、現地での見聞に基づく、豊富で深い知識を基にして、CAR MAGAZINE 、AUTOCAR など様々な媒体に執筆。主な著作は『ルコルビュジエの愛したクルマ』平凡社。
classic car
  • Want to let your interests guide you? Then why not check out our tours arranged by theme? Gastronomy, wellness, history, nature, adventure, or contact us for tailor-made options.

  • Have some spare time, and want to make the most of it? Whether it’s a one-day activity or a multi-day tour through some of the nation’s most fascinating cultural landmarks and offerings, we’ve got you covered. Food, spirituality, history and adventure, it’s all here.

お問い合せ FaceBook Instagram